Blog


一重に苦しむ前にやること

自分の目が嫌い。私の友人は朝メイクするときにいつも言っています。
彼女の目は一重です。まったくの二重です。それが幼いころからのコンプレックスだそうです。
外泊するとき彼女はフルメイクのまま眠ります。
そして誰よりも早く目を覚まし、メイクを落として、すぐにまたフルメイクをします。
すっぴんでよく買い物に行く私にとってはちょっと引いてしまうほどの徹底ぶり。

そんな彼女の徹底ぶりも体調には敵いません。
前日のコンディションによっては二重のアイプチがうまくいかないことがあります。
そんなとき彼女はひどく落ち込み、学校に行かずにふさぎ込みます。

そこまで自分の目を嫌う彼女の気持ちが私にはちっとも理解できませんでした。
彼女の両親は二人ともぱっちり二重です。しかし、その二人から生まれた姉妹は二人とも一重です。
母には整形してもいいからねと言われているそうです。
そして彼女は自分が整形しても子供は一重かもしれないから整形させるといっていました。

整形整形整形・・そもそも二重と一重の差って?大きな差です。日本人は外見の欧米への憧れが強く、それを美の中心にとらえています。
はっきり言って二重の整形代なんて安いし、危険も少ないし、そんなに嫌なら今すぐにでもやったらいいと思います。
毎朝目と格闘し、不自然なばしばしつけまつげをつけるんだったら、早く10万円貯めて整形したらいいのです。
時間の無駄です。彼女のアイメイクはもはや不自然です。
太いテープでつけた二重のライン。濃すぎるつけまつげ、太すぎるアイライン。極めつけはグレーのカラコン。
かわいくない。ちっともかわいくないです。
それにずっと言いたかったんですけど・・・

私は彼女は二重にする前に痩せるべきだと思います。
非常に太っています。
美への追及ならまず先にやることがあるのではないでしょうか。
ふさぎ込む彼女を見て毎日思っていても、私も指摘できません。
人間って問題の本質が見えてないと思いました。

Continuar leyendo →